厳密に言って会計事務所というのは法的にはありませんが、一般的には税理士事務所や公認会計士事務所などの総称として用いられています。財務書類の監査や証明業務は公認会計士だけに認められているので、細かく言うと業務内容に違いはありますが、納税の申告をサポートする業務などは双方とも行ないます。日本の納税制度は、納税者が納税書類を作成し納税するという申告納税システムになっています。社会が複雑化するにつれて納税のための計算や申告書の作成は、素人にはますます難しいものとなっており、税法に関するプロとして会計事務所の役割や需要は増大しています。それに伴い会計事務所関連の求人が増えているのは、当然の流れと言えます。会計事務所の求人は、税理士や公認会計士の資格があれば知人の紹介やスカウトなどもあり得ます。しかし異業種からの転職や未経験者の場合は、インターネットの求人サイトを活用するのが賢い方法です。会計事務所の仕事の求人に特化したサイトでは、専門の資格保持者だけでなく未経験者でも就業可能な求人を見つけることができます。また正社員やパートなど働き方によって探す方法もあります。会計事務所で働くために役立つ情報などもあり、活用することで就職に向けて良い備えができます。