東京は企業が非常に多く、またそのほとんどが本社機能を持つところが多いので、経理面や税金対策を行うために税務処理を行う機能を持った部署を配置しているところが多いものです。特に大手企業は本社を構え地方にある支社支店などの税務処理もすべて本社で行っているため、その処理量が膨大なものになります。したがって、多くの企業が格安税理士を雇い全社の税務処理を行っている場合が多いのです。その為、東京の税理士はその多くがこうした企業の顧問になっているケースが多く、非常に多忙な税理士が多いのが特徴です。その反面、税理士自体の数も他の地域に比べ非常に多いのが特徴です。地方でその資格を取得した人でも、地方では個別の税金相談や相続の問題などの対応が多いものですが、東京では企業の顧問になることで安定した収入が得られることから、地方から東京に進出する人も少なくありません。その為、東京の税理士は企業経理や税制には非常に詳しい人が多いのですが、相続問題などの経験が浅い場合も多く、最適な対応が難しい場合もあります。個人の相続問題などには対応しない税理士も多く、東京に在住する人でも埼玉などの地方で格安税理士を探す場合も増えています。