私は小学校の教諭をしています。小さいころから、「字が汚い」と言われ続けています。おかげで字が汚いことが、私のコンプレックスとなったのです。ボールペンの字ならまだしも、毛筆の字には言葉にできないくらい大きなコンプレックスをもっています。しかし、小学校教諭という仕事上どうしても文字を書かなければいけない場面が存在します。それは、卒業証書などの賞状に名前を書く場面です。こればかりは、毛筆で書かなければいけないです。残念ながら、ボールペンという訳にはいかないのです。子供たちにとっては、卒業証書は一生残る大切なものです。そこに私なんかの汚い字を書くことに、すごい抵抗を感じたことを覚えています。なので、筆耕サービスを利用することを思いついたのです。筆耕サービスを利用したおかげで、生徒に「卒業証書を一生大事にしてもらいたい」と心から思えるようになった私です。汚い字だったら、普通の賞状ももらってもあんまりうれしくないと感じるのは、ある程度しょうがないことです。筆耕サービスのおかげで、本当に助かっています。ちなみに、私の結婚式の招待状にもこのサービスを使わせてもらった記憶があります。私のような字にコンプレックスを持った人には、ありがたいサービスです。